グランドスラム grandslam 育毛剤 毛髪剤 トニック 売れている育毛剤

30代からの抜け毛、脱毛にグランドスラム!!

 

グランドスラムとは・・・

 

グランドスラムは、30代からの抜け毛を改善、少なくするために生まれてきた、育毛剤、育毛トニックです。

 

初めからこれを使っておけばよかった、などと思わせないためにも、グランドスラムを知っていただきたいです。

 

グランドスラムとは、

 

育毛グランドスラム〈ロータス育毛トニック〉は育毛剤として4種の有効成分
(センブリエキス、パントテン酸カルシウム、サリチル酸、βーグリチルレチン酸カルシウム)
が毛母細胞に直接作用。頭皮をすこやかに保ち、毛髪に、はり・こしを与えます。
また3種類のお助け成分(プラセンタエキス、ニンジンエキス、トウガラシエキス)を配合することにより
フケ・かゆみを抑えます。育毛剤なんてどれも同じ、
育毛剤に裏切られ続けてきたとお思いの貴方にオススメのグランドスラムです。

 

30代からの抜け毛を改善、少なくするために生まれてきた、グランドスラム育毛剤、育毛トニックです。

 

 

なぜ、グランドスラムなのか・・・

 

実は、創業100年の歴史を誇る老舗化粧品メーカー「石田香粧(株)」の自信作!
創業100年の歴史があるということは、100年間、育毛だけでなく、育毛、髪の毛、トニック
頭皮、などのことを研究し続けてきた証であり、100年も続く結果をもっていること。
だから、グランドスラムなのです!!

 

100年の歴史が物語っています。ただし、ここまで読んでも、信用していない方は、
購入しないでください!!グランドスラムは忘れてください!!

 

病は気からというように、信用のないものは、効果があっても、ないのと同じなので、
絶対のこれから先の文章は見ないでください。そして、購入しないでください。
別のサイトをご覧ください!!

 

 

研究者たちが、研究を重ね、完成した育毛トニック

 

日本屈指の研究者たちが、本気で育毛に向き合った究極の一本!グランドスラム。
創業100年の歴史を誇る老舗化粧品メーカー「石田香粧(株)」の自信作!
成分の抽出からベストな配合、安定性の試験に至るまですべてを研究開発。
妥協を許さない優秀な研究者たちの情熱から生まれた育毛剤、グランドスラム。
最新の生産設備で製造・品質・衛生管理。徹底した管理のもと製品にしています。

 

 

そもそも、なぜ髪の毛が抜けるのか・・・

 

髪の毛が抜けることの理由というのはいろいろあるとは言っても、
加齢によるものを除くと、メインには、やはり寝ることの不足や食の暮らし
などの生活習慣、フラストレーション(ストレス)、うまくいってない、うまくいかない、
外的要因としては、過度なダイエット、脱毛、薄毛などが原因としてあげられてきます。

 

 

中でも、ストレスは、髪の毛が抜ける原因だけでなく健康にも影響してくる
部分ですね。特に注意が必要な部分になってくると思います。

 

いずれも普通の生活、ヘアサイクルを乱す要因となるものですね。
そのうえAGA(Androgenetic Alopecia)といわれる男性型脱毛症や、
女性特有の「牽引性脱毛症、(抜けでは男性だけではありません)
(髪をアップさせる、ひっぱって縛る、三つ編みなど、長時間にわたり
髪を引っ張り継続していくことで髪の毛が抜けることが多くなる症状)」
「分娩後脱毛症」などがあるのです。
男性だけでなく、女性も、30代からは気を付けなければいけない
年頃だということに気が付くと思います。
早期発見が一番大切であり、育毛剤、トニックにも効果があると言われています。

 

そのほか、髪染めやパーマなども髪の毛が抜けることの要因になることがあるといわれています。
中でも、髪の毛は、育毛という言葉がよく使われるように、長年、髪染め、パーマをしてきた人には、
とくに抜けることが原因になっているのだと思います。
いろんな話にでてくる、20代で、紙にダメージを与えた人は、30代で一気に抜けやすくなりやすいとか。。

 

髪の毛が抜けることを起こす要因は人によってもちがいがあり、体質によっても異なります。
それも複合的になっているときも少なくないのです。当たり前のことのことながら対策も
要因によって変わってくるので、効果的なステップをとるためにもまずは
自らの髪の毛が抜けることの要因が何であるかをしっかり認識することがとても
大事なポイントになってくることは、前文でもわかることと思います!!

 

 

たとえば、ちかごろ仕事で疲れているなと感じたならばフラストレーション、ストレス改善、克服をしてみたり、
あるいは食の暮らしが乱れていると思うなら、野菜を中心にしてみたり、ジムに通うのもありですね。
まずは身近なところからはじめてみることが大事になってくるとおもいます。

 

先ほども書きましたが、フラストレーション、ストレスは、髪の抜ける大きな原因になることは間違いないと思います。
スタートレベル(最近よく髪が抜けるな、まくらに髪が抜けているな)であれば、ちょっとした暮らし習慣の
健全化によって症状がよくなることも少なくないのです。はじめが肝心で、どこで、AGA(Androgenetic Alopecia)
だと気づくかが大切かと思います。しばらくトライしても健全化されないようであれば、要因が複合的になっているか、
またはなんらかの症状が隠れていることもあるのです。よくあるのが、ストレスが自分自身で気づいていないケースなどです。
このときは、ドクターに相談、(皮膚科あるいは頭髪ドクター)の診察を受けるのが要因究明の近道です。

 

科学が、抜け毛の原因を解明・・??

 

 

17型コラーゲンの白髪・脱毛は上のような図解で説明されます。

 

17型コラーゲンの消失によって、この毛包幹細胞・色素幹細胞の両方の活動が不十分となり
脱毛・白髪が進行していきます。

 

この17型コラーゲン消失のサイクルに関してはこちら→高齢化による脱毛の仕組みが判明!?
17型コラーゲンが必須物質か・・では、食べたら、髪の毛は、生えてくるのか・・・・

 

17型タンパク質について簡単な説明と現状での摂取の困難さについて説明させてもらいました。

 

脱毛・白髪の悩みというのは昔から根強いものですし、悩む方々も
性別・年齢、関係なくなってきているように思えます。
17型コラーゲンによって、大きく改善されたらいいのですが。。。

 

 

17型コラーゲン(17型タンパク質)

 

まず、17型コラーゲンという特殊なタンパク質の関してはじめに述べておきたいことは

 

普通にコラーゲンを経口摂取しても体内で生成できないと考えられていることです。

 

確認してみたところ、

 

コラーゲンを多く含む食品を食べてもこの17型コラーゲンが増えるわけではなく、白髪・脱毛防止効果はない。
しかし、毛包幹細胞が17型コラーゲンを作る働きを促進する物質が見つかれば、予防・治療薬になる可能性があるという。

 

さらに、研究チームでは、

 

研究チームは、毛髪を作る角化細胞など各種細胞を製造・供給する「毛包(もうほう)幹細胞」という細胞に着目。
この細胞は同時に、「17型コラーゲン」というたんぱく質も作っており、研究チームがマウスを遺伝子操作してコラーゲン
を作れないようにしたところ、生まれてから約半年後に通常は黒い毛が白く変わり、10か月後までにはほとんどが抜けてしまった。
このコラーゲンは人間の脱毛や白髪の治療などにも応用可能とみられるが、人工的に化学合成できない。

 

と西村先生もコメントをしていました。

 

 

つまりは今の段階では17型コラーゲンを直接的に効率よく摂取できる方法はわかっておらす、
新薬の生成を待っているのが現状だということです。

 

(そもそもコラーゲンというタンパク質自体が人体には吸収されないと考えている知識人も多いです。
コラーゲン接種後にお肌がプルプルになったと感じるのは単純に吸収されずに
体外に排出された結果だとする説ですね。自身的にもこの説は有力だと思います。)

 

ということは、今の段階では、新薬を待っているしかないということである。
しかし、待てないのが現状である。

 

グランドスラム、まずは一度、お試しで使ってみることをおススメします!!